ブログ

2014.06.20

日本が勝ち上がる条件

今朝、日本がギリシャと引き分けたので落胆している方も多いのではないでしょうか。
(もちろん、サッカーW杯の話です。)

グループリーグ(以下「Gリーグ」)突破の目がかなり薄くなりましたからね。

では、具体的にはどのような条件が整えば日本はGリーグを突破できるのかを整理しましょう。

現段階で、コロンビアは既に突破を確定させており、コートジボワール、日本、ギリシャが勝ち残りをかけています。

まず、勝ち点がどうなるかを見ていきます。
日本はコロンビアに勝つことが絶対条件ですので、コロンビアに勝つ前提で話をします。

そのため、日本の勝ち点は、現在有している勝ち点1と次戦で獲得する予定の3を加えて勝ち点4になります。

コートジボワールは現在、勝ち点3
ギリシャは勝ち点1です。

①次戦、コートジボワールがギリシャに勝つと、勝ち点6になるので、日本は終戦です。
なので、皆さん、ギリシャを必死に応援しましょう。

②ギリシャとコートジボワールが引き分けた場合、日本はコートジボワールと勝ち点4で並びます。
そのため、得失点差の勝負になるのですが、コートジボワールは最終戦に引き分けていますので、得失点差は現状と同じ0です。

日本は現在、得失点差-1ですので、コロンビアに2点差以上つけて勝てばGリーグを突破できます。
仮に1点差だった場合、総得点が多い方が勝ち進みます。
現状、日本は総得点1、コートジボワールは3ですので、総得点での勝負は分が悪いですね。
仮に総得点が同じだった場合は直接対決の結果で決まりますが、日本は初戦でコートジボワールに負けていますので、得失点差か総得点でコートジボワールを上回っておく必要があります。

③ギリシャがコートジボワールに勝った場合、日本は勝ち点4でギリシャと並びます。
この場合、得失点差での勝負になりますが、ギリシャは初戦、コロンビアに3-0で負けていて、現状の得失点差は-3ですので、この点は日本が有利です。
日本はコロンビアに1点差しかつけられなかったとしてもGリーグを突破できる可能性は高いのではないでしょうか。

Gリーグ最終戦は、2試合同時に開始しますので、途中経過を見ながらの戦いになりますね。

ちなみに、日本がコロンビアに2-1で勝って、ギリシャがコートジボワールに3-0で勝った場合、
日本とギリシャは、勝ち点、得失点差、総得点が同じで、直接対決の結果はスコアレスドローですので、順位を決められません。

この場合、どうなるか…。
何と抽選で決めるらしいです(笑)

私の秘書は、今朝、銀座のカラオケで日本戦を観戦してから出勤したそうです。
詳しく話を聞くと、カラオケがパーティールームで飲み物等を出して観客を募っているらしいですね。
飲食店等はW杯をビジネスチャンスと捉えて色々と試みているんですね。

心なしか法律事務所は電話が少なく、法律相談に訪れる方も少ない気がします(笑)

次回はまた法律実務のお話をしていきます…。

TEL:03-6280-8302
一番上に戻る

弁護士 瓦林道広 TEL:03-6280-8302

弁護士 瓦林道広 メールでのお問い合わせはこちら弁護士 瓦林道広 メールでのお問い合わせはこちら